京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

紅葉特集 - 秋の特別拝観~洛東~



洛中 洛東 洛西 洛南 洛北



主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認をお願いいたします。

信行寺・「花卉図天井画」一般公開

江戸期の絵師・伊藤若冲が晩年を過ごした石峰寺(伏見区)の観音堂の天井画として、83歳頃に描き上げた167面の花の天井画が、明治初期に古美術商に渡り、信行寺の檀家が買い取って寄進したと伝わります。
若冲生誕300年の年という事もあり、一般公開されます。
  • 期間:2016年11/11(金)~/13(日)
  • 料金:800円
  • アクセス:市バス206「東山仁王門」、地下鉄東西線「東山」駅
  • お問合せ:075-661-3755
  • 参考URL:詳細ページ

東山周辺
 

建仁寺 正伝永源院 秋の庭園特別公開 寺宝展


大名茶人・織田有楽斎ゆかりのお寺で、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵」が復元されており、暦張りや「鱗板」「有楽窓」など有楽斎好みの特徴が見られます。
池泉観賞式の庭園方丈のほか、平成25年春に奉納された元首相・細川護煕氏筆の襖絵を公開予定です。 →関連特集

  • 期間:2016年11/3(木・祝)~12/4(日)
    ※11/10(木)〜/14(月)は法要の為、拝観休止
  • 場所:建仁寺 正伝永源院
    アクセス:市バス206「東山安井」
  • お問合せ:075-531-0200
 

泉湧寺戒光寺・秋の内陣特別参拝

皇室の菩提寺・泉涌寺山内の塔頭です。
公開される本尊は、鎌倉時代の名仏師・運慶・湛慶親子の合作「丈六釈迦如来像(重文)」は一丈六尺を越える(約5.4m)総高約10mの大像で、「身代わり丈六さん」の名で庶民から篤い信仰を受けています。
境内には樹齢100年を超える夫婦桜の巨木根本からモミジの木が生えており、桜の黄葉とモミジの紅葉の競演が見られます。
「泉山七福花めぐり」の期間中は、秋の丈六市(週末)、戒光寺特別展も開催されます。
 
  • 期間:2015年11/14(土)~/29(日)9〜17時
  • アクセス: JR奈良線・京阪電車「東福寺」、市バス208「泉涌寺道」
  • お問合せ:075-561-5209 
  • 参考URL:泉涌寺戒光寺公式H.P
 

泉涌寺・「泉山七福花めぐり」


皇室の菩提寺。「泉山七福花めぐり」は泉涌寺や各山内寺院に展示された生け花を巡るスタンプラリーです。
  • 期間:泉山七福花めぐり:2015年11/14(土)~/23(月・祝)9〜16時半(受付終了)
    ※皇室行事により拝観できない場合があります。
  • アクセス: JR奈良線・京阪電車「東福寺」、市バス208「東福寺」
  • お問合せ:075-561-1551
  • 参考URL:泉涌寺公式H.P
 

泉湧寺雲龍院・夜間特別拝観


皇室の菩提寺・泉涌寺山内の塔頭です。
「双龍風雷図」が公開されます。
  • 期間:2014年11/15(土)〜/24(祝・月)18〜21時(受付終了。予定 )
  • アクセス: JR奈良線・京阪電車「東福寺」、市バス208「泉涌寺道」
  • お問合せ:075-561-1551
  • 参考URL:雲龍院公式H.P
 

建仁寺・綴プロジェクト作品展

キャノンの最新のデジタル技術と京都伝統の技を融合した重文「雲龍図襖」などの高精細複製作品を特別公開します。
栄西を開山とする建仁寺は建仁2年(1202年)の創建で、日本最古の禅寺です。
祇園周辺
 
 

平安神宮、神苑の無料公開

静かな秋を感じたい。そんな時は萩やフジバカマなど秋の七草が見事な平安神宮本殿裏の神苑へ。
明治期を代表する池泉回遊式庭園です。南神苑「平安の苑」が開設された日を記念し無料で公開されるうれしい一日。
南神苑には、源氏物語や枕草子に登場するアサツキやツゲ等約200種の植物があります。
平神苑(名勝)は約33000平方メートルの池泉回遊式庭園で、東・中・西・南の4つの神苑から構成されています。
  • 期間:9/19(毎年同じ日程です) 8時半〜16時半(受付終了)
  • アクセス:市バス5「京都会館美術館前」
  • お 問合せ:075-761-0221
  • 参考URL:平安神宮公式HP

東山周辺

真澄寺別院 流響院庭園・秋の一般公開

七代目小川治兵衛が明治・大正期に作庭した「織寶苑(しょくほうえん)」が庭と建物の再現・修復を終え、「流響院(りゅうきょういん)」の名称で春と秋に一般公開されています。
  • 期間:2016年11/5(土)、/6(日)、/8(火)、/18(金)
    ※往復葉書にて事前申し込み制(締め切り:2016年9/19。各日70名。中学生以上、事前申し込み制)
  • アクセス:市バス5「南禅寺・永観堂道」
  • お問合せ:075-213-3838
  • 参考URL:流響院公式HP
 

京の夏の旅・文化財特別公開

「学校に残る文化財」や「お屋敷・庭園の美」などをテーマとして、通常非公開の建築、庭園等の文化財が、期間限定で特別公開されます。
また、各公開箇所ではガイドによる案内も行っています。
  • 期間:2016年7/9(土)~9/30(金)※場所により日程が異なります
  • 場所:文化財特別拝観:藤田家住宅/ 並河家住宅 並河靖之七宝記念館/ ノートルダム女学院中学高等学校 和中庵/ 平安女学院大学 有栖館-有栖川宮旧邸/ 上賀茂神社 本殿・権殿・庁屋/ 下鴨神社 本殿・大炊殿/ 高台寺
  • 料金:一か所大人600円
  • お問合せ: 075-752-0227(京都市観光協会
  • 参考URL:京の夏の旅公式H.P

高台寺、特別茶会

北政所が創建した名刹・高台寺で、初秋の夜のお茶会が楽しめます。お茶席・羽柴での点心・名勝庭園の拝観・高台寺掌美術館の見学・喫茶など。
利休の意匠による秀吉公好みの茶室『傘亭』での傘亭席と共に服装自由(※過去の例)。お茶会の経験のない方でも、一人からでも気軽に参加できます。
また、北政所茶会では本格的な茶会が楽しめます。
  • 期間:観月茶会:2016年9/9~/25の金・土・日曜
    (※申し込みは参加前日の16時までに要予約)、
    北政所茶会:10/6(※毎年同じ日程です)、
    鬼瓦濃茶席:2016年12/3(土)・/4(日)(※申し込みは参加前日の16時までに要予約) いずれの茶会も所要時間は約2時間半
  • 料金:観月茶会:6000円(拝観料込み・点心・喫茶付き)、北政所茶会:11,000円(表・裏・煎茶・太夫席・陣中席の五つの茶席と点心席)、鬼瓦濃茶席:8,000円(拝観付)
  • アクセス:市バス206「東山安井」
  • お問合せ:075-561-9966
  • 参考URL:高台寺公式HP

東山周辺

高台寺・圓徳院秋の特別拝観 と夜間特別拝観


秀吉とねねの面影を残す2つの寺院は、庭園や化粧殿、長谷川等伯の襖絵、「高台寺蒔絵」など、見どころが豊富です。夜になれば、闇に浮かぶ光に導かれ、歩を進めた先には深まりゆく秋景色。
  • 期間:高台寺・圓徳院:2016年10/21(金)~12/11(日)(昼夜とも同じ日程)
    ※圓徳院は、12/9(金)・/10(土)は法務のため拝観休止
    日没〜21時30分(受付終了)
  • ア クセス:市バス206「東山安井」
  • 料金:3ヵ所共通割引拝観券(高台寺、掌美術館、圓徳院): 900円 高台寺拝観料:600円 圓徳院拝観料:500円
  • お問合せ:075-861-0343
  • 参考URL:高台寺公式HP

東山周辺

知恩院・国宝三門特別公開/ライトアップ


元和7(1621)年に徳川二代将軍・秀忠公の命で建立された知恩院の三門は、我が国最大級の木造二重門で、国宝に指定されています。
三門楼上内部には、宝冠釈迦如来像や十六羅漢像(ともに重文)が安置され、天女や飛龍が飛び舞う堂内は極楽浄土の世界を表現しています。
ライトアップでは、友禅染ゆかりの宮崎友禅翁が祀られる友禅苑(4000坪!)、阿弥陀如来坐像を祀る「阿弥陀堂」、紅葉の名勝「黒門」が照らし出されます。
なお、阿弥陀堂前にて献灯ロウソクも行ないます。
  • 期間:三門特別公開:2016年10/28(金)~11/7(月)、
    ライトアップ:2015年10/31(土)~11/29(日)(予定) 
  • 料金:800円(予定)
  • アクセス:市バス206「知恩院前」
  • 時間:17時半〜21時(受付終了)
  • お問合せ:075-531-2157 
  • 参考URL:知恩院公式HP

長楽寺・特別展「足利氏と遊行上人」

建礼門院ゆかりのお寺は安徳天皇の御衣で作った仏幡などの寺宝も多数。特別展も同時開催しています。
  • 期間:10/20~11/30(※毎年同じ日程です)
  • アクセス:市バス206「祇園」
  • お問合せ:075-561-0589
  • 参考URL:長楽寺公式HP

青蓮院、将軍塚青龍殿ライトアップ


青蓮院の本尊 は「光」。将軍塚の大護摩堂「青龍殿」は2015年に建立されたばかりで、青蓮院の飛び地境内にあります。
恒例の青蓮院門跡ライトアップでは、相阿弥作の池泉回遊式庭園を光でアレンジ。「霧島の庭」は小堀遠州の作です。巧妙に配置された光がゆっくりついたり消えたりしながら、その庭の表情を変えます。
また、昼間は江戸時代に 後櫻町上皇の御学問所として使われた「好文亭」の特別拝観が行われ、期間中の茶会では正式なお点前を楽しめます。
  • 期間:2016年10/28(金)~12/4(日)18時〜21時半(受付終了)
    「好文亭」の特別拝観:11/1〜/30(毎年同じ日程です)10時~15時半
  • アクセス:青蓮院:市バス5「神宮道」
    大日堂庭園・展望台:地下鉄東西線「蹴上」駅より タクシー等利用
  • 料金:青蓮院:500円(夜間):800円 将軍塚青龍殿:500円(昼夜)
    好文亭:1,000円(お点前は抹茶、または煎茶、菓子付) 別途拝観料が必要
  • お問合せ:075-561-2345(青蓮院) 075-771-0390(将軍塚青龍殿)
  • 参考URL:青蓮院公式HP

銀閣寺・本堂・国宝東求堂・弄清亭 秋の特別公開

本堂・国宝東求堂・弄清亭の特別公開です。
それぞれ本堂には、与謝蕪村と池大雅の襖絵が、東求堂には足利義政の法体と日本の四畳半間取りの始まり、茶、花、香の原点 と言われる書院「同仁斎」、 弄清亭には香道の香座敷と奥田元宗の襖絵が公開されます。 
  • 期間:2016年10/1(土)~11/30(水)※行事日は拝観不可(通常拝観は可)
  • 料 金:1000円  ※入山料500円(高校生以上)別途必要
  • アクセス:市バス5「銀閣寺道」
  • お問合せ:075-771-5725
  • 参考URL:銀閣寺公式HP

霊鑑寺・秋の特別公開

色づく東山の鹿ケ谷に佇む尼門跡寺院に入ることができます。
当寺は後水尾天皇が皇女・多利宮を開基として創建し、別名「比丘尼御所」「谷の御所」と呼ばれるだけあって、寺宝にも皇室の香りを残しています。
見どころは、表門、後西天皇の院御所の御殿を移築した書院、本堂、狩野派の作と伝わる書院壁画「四季花鳥図」、樹齢350年を超えるタカオカエデをはじめとする鮮やかな紅葉が見事な池泉鑑賞式庭園など。
  • 期間:2015年11/21(土)~12/6(日)
    ※法要等都合により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。
  • アクセス:市バス5「真如堂前」
  • お問合せ:075-752-7070(京都市観光協会
  • 参考URL:京都市観光文化情報システム

東福寺・看楓特別拝観

通天橋・普門院庭園、方丈庭園、 国宝・龍吟庵方丈(重森三玲作)庭園の看楓特別拝観です。  

東福寺天得院・秋の特別公開/ライトアップ


紅葉の名所として有名な東福寺の中の、穴場的な塔頭です。9月末には、キキョウ、後に杉苔に赤い落ち葉が映えます。予約制で精進料理も頂けます。
  • 期間:2014年11/14(金)~12/7(日)(昼夜とも同じ日程)(予定)10時~20時(受付終了)
  • 料金:紅葉を愛で精進料理を堪能:「もみじ膳(二汁五菜)」4000円(税込) ※予約制、11時半~14時、17時〜20時(※夕食は11/15(土)〜12/1(月)(一席・20人迄)、
    茶席:1,300円(14時〜17時)
  • アクセス:JR奈良線「東福寺」、市バス208「東福寺」
  • お問合せ:075-561-5239
  • 参考URL:情報掲載ページ(e-KYOTO内)  東福寺天得院公式H.P
 

東福寺塔頭勝林寺・秋の特別公開


勝林寺は東福寺の鬼門を守る塔頭です。
東福寺の仏殿に密かに安置されていた秘仏の毘沙門天立像(伝 定朝作)・吉祥天像(清水隆慶作)・善膩師童子像(清水隆慶作)を特別にご開帳し、珍しい「毘沙門天曼荼羅」も公開されます。
境内には無数の虎が月に吠える様子を表現した「嘯月庭」を初め無数の楓があり、特に毘沙門堂前の吉祥モミジは、その美しさから吉祥天が宿る紅葉とされています。
 

泉涌寺宝物館・秋の特別展

「塔頭雲龍院の寺宝と祈り」をテーマとする展示です。
  • 期間:2016年5/24(火)~9/25(日)(毎月第4月曜休館)
  • アクセス:JR奈良線・京阪電車「東福寺」、市バス208「東福寺」
  • お問合せ:075-561-1551
  • 参考URL:泉涌寺公式H.P
 

金戒光明寺・秋の特別公開/夜間拝観ライトアップ


1854年に建てられた高さ23メートル、幅38メートルの山門。
その二層の中央に宝冠釈迦如来像とその両脇に普賢菩薩と文殊菩薩、そして十六羅漢像が安置され、天井には浄土宗総大本山の一つでありながら禅寺の法堂を連想させる巨大な「蟠龍図」が描かれています。
境内には江や春日局の供養塔があり、御影堂には文殊菩薩像や吉備観音像(重文)が祀られ、大方丈には障壁画「虎の襖絵」や「松の図」が、また白砂や杉苔、紅葉の美しい「紫雲の庭」もあります。
2014年からは夜間拝観が始まり、御影堂・大方丈・庭園「紫雲の庭」、伝運慶作文殊菩薩像、「虎の襖絵」が公開されます(※夜間の山門は特別公開されません)。
  • 期間:2015年11/1(日)~12/6(日)、夜間拝観:11/14(土)~/29(日) 
  • 料金:山門 :大人800円・小学生400円、大方丈、紫雲庭園 :大人600円・小学生300円、山門・大方丈、紫雲庭園 共通券:大人1,200円・小学生600円 、夜間拝観:大人800円
  • アクセス:市バス204 「岡崎道」
  • お問合せ:075-771-2204
  • 参考URL:金戒光明寺公式HP

東山周辺
 
 

永観堂・秋の寺宝展とライトアップ


庭を取リ囲む山々が色づきます。所蔵の国宝、重要文化財、絵画の名品の数々も同時に楽しめます。 夜は、33000平方mの広い境内に約300の照明が点灯され、阿弥陀堂、御影堂、多宝塔などの建物、参道や池の周辺は真っ赤な約3000本のモミジの中 に浮かびあがります。ほのかな明かりに照らされた「見返り阿弥陀如来像」は必見。永観堂の持つ歴史的環境、宗教的雰囲気を感じとれるような「光の景観(ラ イトスケ−プ)」づくりを目ざした、「街の色研究会・京都」の景観照明調査委員会による演出です。
  • 期間:2016年11/8(火)~12/4(日)※昼夜とも同じ日程です
    ライトアップ:17時半〜21時(閉門)
  • 料 金:1000円(庭園入園料を含む)、ライトアップ:600円
  • アクセス:市バス5「南禅寺・永観堂道」
  • お問合 せ:075-761-0007
  • 参考URL:永観堂公式HP
 

清水寺・夜間特別拝観


紅葉を背景とした清水の舞台や極彩色の西門がライトアップされます。

※オンシーズンは開門待ちの参拝者で連日身動きが取れない程混雑します。
危険防止のため、 20時〜21時半の拝観をお勧めします。
  • 期間:2016年11/12(土)~12/4(日)18〜21時(受付終了)
  • 料金:夜間は400円
  • アクセス:市バス206「清水道」
  • お問合せ:075-551-1234
  • 参考URL:清水寺公式HP 清水寺細見!

東山周辺
 

清水寺成就院・月の庭・成就院庭園の特別拝観とライトアップ


本坊成就院の庭園は江戸時代初(17世紀初)の模範的な借景式池泉観賞式庭園で、「月の庭」として国の「名勝」に指定されています。
  • 期間:2016年11/18(金)~12/4(日)昼夜共に同じ日程 18時半~20時半(受付終了)
  • 料金:600円(別途清水寺拝観料が必要)
  • アクセス:市バス206 「清水道」
  • お問合せ:075-551-1234
  • 参考URL:清水寺公式HP 清水寺細見!!

東山周辺
 

柏原家住宅(洛東遺芳館)・秋季公開

江戸時代の豪商・柏原家の旧邸です。婚礼衣装、調度品など約8000点、経営記録、古文書、古書籍1万冊などを残しています。春秋の公開時のみ開館してい ます。
  • 期間:2016年10/1(土)~11/3(木)(予定)
  • アクセス:市バス205「河原町五条」 京阪電車「清水五条」駅
  • お 問合せ:075-561-1045
  • 参考URL:公式ホームページ
 

京都・やましな観光ウィーク 毘沙門堂・随心院 紅葉のライトアップ・夜間特別拝観


「恋に効く」とされる勧修寺では、非公開重文の障壁画を公開や「玉の輿伝説」についての講演会、ミニコンサートがあります。
「美に効く」といわれる随心院では、「小野小町」に関する講演会、ミニコンサートが催されます。 期間中は紅葉のライトアップや清水焼の陶灯路(雨天中止)、「おこしやす“やましな”フェア」を開催予定です。(※予定)  →→詳細ページ

今回、夜間拝観(ライトアップ)が実施される事になった毘沙門堂では、期間中、多聞閣においてハトヤ瑞鳳閣の出張(日中~20時)があり、食事・飲料が提供されます(予約・お問い合わせ:075-361-1231)。  →→詳細ページ
  • 期間:2014年11/15(土)~/30(日)
  • 時間:勧修寺:昼 9~16時(※2014年度の夜間拝観はありません)
    随心院:昼 9〜16時半、夜  18〜20時半(受付終了)
    毘沙門堂:昼 8時半~17時、夜 17時半~20時半(受付終了)
  • アクセス:地下鉄東西線「小野」駅
    京都観光一日乗車券・山科・醍醐拡大版を利用すると、周辺寺院の拝観料の割引が受けられます)
  • お問合せ:075-592-3066(山科区役所 総務課企画広報担当)
    075-661-3755(京都いつでもコール 8〜21時)
 

主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

▲紅葉特集 TOP

一言コラム

dentou 存在は知っていたけど、いつも素通りしていた施設はありませんか?例えばオフィスビルに挟まれた「京都伝統工芸館」。 安価で...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。