京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

新撰組





デジタルスケッチ倶楽部」絵はがき

*

徳川幕府が江戸で300年近く続いておりましたが、1853年ペリー率いる黒船が来航し、幕府の大老井伊直弼が米、蘭、仏、英と不利な条件かつ、天皇を無視した形で条約を締結した為、幕府内部にも批判が渦巻きました。

その結果、天皇を立て政治を朝廷に戻し、外国との条約を白紙撤回させ、国を閉ざす「尊王攘夷思想」が芽生え、吉田松陰らをリーダーとした勤皇の志士達が現れましたが、幕府が弾圧し処刑しました(安政の大獄)。大老井伊直弼は水戸藩士に刺殺されました。

尊王攘夷派の志士である土佐の坂本龍馬、長州藩士の桂小五郎らが、京都に集結してテロが横行し、京の町は無政府状態となりました。これを憂いた幕府は、孝明天皇の妹和宮を将軍家茂(いえもち)の嫁にもらい、朝廷との融和を図りました。そして、将軍警護と京の治安を守るために、会津藩主松平容保(まつだいら かたもり)を京都守護職にしました。
会津藩では家茂の警護の為、浪士隊を募集し、臨時武士を農民や浪人から登用しました。武士になりたい、世に出たいという気持ちだけで応募した人が多く、その数は240名にのぼり入洛しましたが、多くの浪士は、離脱して江戸に戻り、残ったのは近藤勇を始め、13名でした。

その後、京や大阪で再び募集をかけ、隊員を増やして24名になり、「京都守護職預かり」となり、手柄をたて、新選組の名を拝命しました。新選組は徳川幕府に忠誠を誓い、京都の警護にあたる幕府の警備隊であったのです。

しかしながら、寄せ集めの感は否めず、不埒な者もおり、統制をとるために、新選組は、隊の憲法とも言えるとても厳しい「局中法度」を制定しました。その為に掟を破った、芹沢や伊東らは暗殺されました。

新選組の「誠」の旗や羽織が、京の町で闊歩したのは、鳥羽伏見の戦いで敗走するまでの僅か5年間でありました。



戦後60年、日本の発展が続いて来たが、現在足踏み状態になり、今までの成長パターンでは行き詰まり現象が起き、未来の展望を決めなければならない時で、幕末と似た時期なのかも知れません。 幕末活躍した坂本龍馬や新選組の近藤勇らは20代や30代です。 今の日本の若者たちは、これをどう受け止めるのか、また、この新選組のドラマを契機として、日本の将来を考える若者の輩出をこの新選組のドラマは、願っているのではと思えます。


人物 年表 リンク集 新選組TOPへ

壬生 島原~西本願寺 不動堂村 伏見
黒谷~四条~三条 その他関連史跡 参考文献  

※このページの掲載情報は、取材時のものであり、現在のもの、歴史上の事実とは異なる場合がございますので、ご了承下さい。参考としてご覧頂きますようお願い申し上げます。

坂本龍馬の関連記事はこちら
坂本龍馬 伏 見 新撰組 幕 末


一言コラム

mado 旧三井家下鴨別邸の茶室と二階広間を貸し切って、同窓会茶会を開きました。 重要文化財での開催という事で、来客には足袋か靴下を持...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。