京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2021年10月の行事一覧 > 2021年10月22日(金)の行事一覧

2021年10月22日(金)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

時代祭

時代祭

京都三大祭りの一つ。
明治維新から平安時代にかけて時代をさかのぼり再現する、秋の一大風俗絵巻。
維新勤王隊列を先頭に、各時代の人物が華やかなパレードを繰り広げます。
行列参加人数2000余名の壮観なもの。雨天順延です。

■場 所: 京都御苑ほか
■期 間: ※2021年度の行列巡行は中止。神事のみ斎行。
詳細は公式サイトをご確認ください。
10/22(※毎年同じ日程です)
■時 間: 行列:12時~14時半
■お問合せ: 075-752-0227(京都市観光協会)
■詳細ページ: 時代祭特集   平安神宮周辺情報   周辺情報2

神苑の無料公開

神苑の無料公開

静かな秋を感じたい。
そんな時は萩やフジバカマなど秋の七草が見事な平安神宮本殿裏の神苑へ。
明治期を代表する池泉回遊式庭園です。
南神苑「平安の苑」が開設された日を記念し無料で公開されるうれしい一日。
平神苑(名勝)は約33000平方メートルの池泉回遊式庭園で、
東・中・西・南の4つの神苑から構成されています。

■場 所: 平安神宮
■期 間: ※2021年は10月22日(金)に変更になりました。
9/19(※毎年同じ日程です)
■時 間: 8時30分~16時30分(受付終了)
■アクセス: 市バス5「京都会館美術館前」または
地下鉄「東山」駅より徒歩約14分
■お問合せ: 075-761-0221
■詳細ページ: 平安神宮公式ホームページ   平安神宮周辺情報

鞍馬の火祭

鞍馬の火祭

広隆寺の牛祭(※現在は中止)、今宮神社のやすらい祭とともに、京都三大奇祭の一つ。
940年平安京の内裏に祀られていた由岐明神を鞍馬に勧請した際、
村人が篝火を焚いて迎えたという故事に由来しています。
故事の通り、夕方、氏子町内各家では門口に篝火を焚きます。
「神事、まいらっしゃれ」の声でいよいよ火祭りの開始。
武者わらじ姿の子供や友禅の長襦袢をまとった青年が大小の松明をかざし
「サイレヤ、サイリョー」(祭礼や、祭礼)と繰り返し、町内を練り歩く勇壮な祭。
やがて松明は鞍馬寺仁王門前に勢揃い。
石段奥の注連縄が切られると神輿を上下左右に揺らしながら、
若者達が長い石段を駆け下ります。雨天決行。

■場 所: 由岐神社
■期 間: ※2021年度は鞍馬の火祭並びに神輿渡御を中止。詳細は公式サイトをご確認ください。
10/22(※毎年同じ日程です)
■時 間: 例祭:9時~午前0時頃終了
点火:18時~
■アクセス: 京阪電車「出町柳」駅より 叡山電鉄鞍馬線「鞍馬」駅
■お問合せ: 075-741-4511(鞍馬の火祭テレフォンサービス ※9/1~10/31)
■詳細ページ: 鞍馬の火祭特集  鞍馬周辺情報  動画はこちら   由岐神社

季節の光景...圓徳院・ツワブキ<石蕗>

季節の光景...圓徳院・ツワブキ<石蕗>

北政所ゆかりの高台寺の塔頭の一つ、圓徳院が参道入り口前にあります。石畳のある表境内のみ拝観自由とされていますが、苔むす中の、長い茎を持つ鮮やかな黄色の花です。
もともと圓徳院は秀吉の正室・北政所の伏見城、化粧殿(けわいでん)を移築したものです。
境内にはお店の並ぶ広場もあり、お寺の静かさとは違い、心持ち賑やかです。
そろそろ肌寒くなってきましたね。可愛らしくもしっかりとした印象の石蕗は、まるで秋の菜の花のようです。

■場 所: 圓徳院
■アクセス: 市バス206「東山安井」
または京阪「祇園四条」駅より徒歩14分
■お問合せ: 075-525-0101
■詳細ページ: 圓徳院公式ホームページ

一言コラム

heian   今年の時代祭(22日)も居祭となりましたが、時代行列の衣装や祭具、御鳳輦が平安神宮に特別公開されています。 本殿...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。