京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

源氏物語 第五十一帖「浮舟」うきふね



源氏物語特集 源氏物語とは何ぞや? 源氏物語を読んでみよう 京都・源氏物語を歩く




浮舟のことが忘れられずにいた匂宮は正月に中君のもとに届いた文を見て居所を知ります。忍び姿で宇治を訪れた匂宮は、薫を装い浮舟と強引に契りを結びま す。人違いに気づいた浮舟は重大な過失に嘆きますが、心は次第に情熱的な匂宮に惹かれていくのでした。このことを知った薫は厳重な警戒態勢を敷いて匂宮を 遠ざけようとします。匂宮からの京に迎える約束を母に相談する事もできず、薫からは恨みの歌を送られ、板ばさみになってしまった浮舟は人知れず宇治の山荘 を去ります。



浮舟之古跡碑
三室戸寺境内の鐘楼横にあります。昔は奈良街道沿いに浮舟社という社があり、水上交通の守り神だったようです。その後数度の移転をへて、現在地に置かれま した。


 

一言コラム

mikei 天皇の菩提寺である泉涌寺にて、「御寺(みてら)ART元年 未景(みけい)」展が16日まで開かれています。 久しぶりにあのきつ...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。