京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

源氏物語 第四十六帖「椎本」しいがもと



源氏物語特集 源氏物語とは何ぞや? 源氏物語を読んでみよう 京都・源氏物語を歩く




匂宮は宇治の姫君達に関心があったため、初瀬詣での帰りに薫を呼んで宇治の別荘に泊まりました。それから二人は八の宮の山荘を訪れ、趣深い接待を受けま す。美しい宇治の風景や姫君達をすっかり気に入った匂宮は、中君と文を交わすようになります。それから八の宮が重い厄年にあたり、薫に姫君達の後見人に なってほしいと言い残し、その生涯を山寺で閉じることになります。薫は、姫君達の暮らし向きを心配しますが、そのなかで大君への思いは募っていきます。



彼方神社
宇治橋東詰から府道沿いを進み、東屋の古跡を通り過ぎた少し先にあります。「彼方」の名前の由来は、川の流れ落ちる「落方(おちかた)」であるという説が あり、椎本の巻では「おち」を取り入れた歌が二首詠まれているので、彼方神社が椎本の古跡になった由縁とも考えられています。


一言コラム

choice 外国人に京都を案内するガイドさんの頭を悩ませているのが、食事の問題です。 動物性のものを一切食べない「ヴィーガン」、小...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。