京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

[嵐山花灯路]おすすめコース・口コミ情報

嵐山花灯路おすすめコース・口コミ情報

京都嵐山花灯路レポー ト08はこちら
  • 二尊院からスタート、無料バスで嵯峨野・嵐山へ。
    →無料ジャンボタクシー
    ※期間中は、二尊院発、JR「嵯峨嵐山」駅、京都市営駐車場(清滝道三条)への無料ジャンボタクシーが運行されます(JR「嵯峨嵐山」駅からの乗車は不可)。
     
  • 外せないのは竹林の小径!
    大河内山荘前の竹林風景は昼夜共に大人気!ただし、嵐山花灯路のポスターの様に、人が写らないようカメラに収めるのは難しいかもしれません。
    ※竹林の小径の一方通行等の安全対策が実施されます。ご注意下さい。
    小倉山を背景とした渡月橋も、嵐山花灯路ならではのベストビュースポット。
     
  • 散策できるのは約3時間。的を絞るのも策。
    渡月橋から二尊院まで寄り道せずに歩くと約20分くらい。
    寺社のライトアップに加え、中の島公園や嵐電の嵐山駅前でも様々な催しが行われます。
    気の向くままに歩くのも一興ですが、事前に行きたいところを ピックアップしておくのもいいですね。

きものでおトクに散策!

花灯路の開催時期は、実はとっても寒〜い季節。
お寺の廊下は足が冷えます!靴は脱いでも足元は温かくしておきたいところ。
そこで、両手足がすっぽり包まれる和服でそぞろ歩きはいかがでしょうか?
「きものパスポート」の特典が受けられるエリアは、嵐山・嵯峨野にも
展開しています。
なお、京都きものパスポートの特典は、ホームページのプリントアウトや携帯電話(スマートフォン)の画面呈示でも受けられます。

協賛イベント: 「京都きものパスポート」

京都嵐山花灯路レポート08

(※記載されている内容は2008年度のものです。)

点灯開始からスタート!

レストラン嵐山付近の駐車場に車を停め、まずは桂川の畔に降りてみました。
平日の夕方にも関わらず、カメラを手に点灯の瞬間を待つ人が
たくさん集まっています。

みたらし団子を頬張りながら日が暮れるのを待っていると、
先に渡月橋が明るくなり、暫くして背後の山も照らし始めました。
水銀灯のため、じわ〜っとゆっくり、徐々に明るさを増していくそうです。
なお、天龍寺の特別拝観だけは昼間の開催なので、終了時間にご注意を。

→「天龍寺・特別拝観
点灯時間はこちら


最も賑わうのは渡月橋、天龍寺付近

渡月橋には交通整理のお巡りさんが立っており、嵐電嵐山駅の周りから天龍寺の前はJR嵯峨嵐山駅から南下する人もいて、特に活気があります。人が集まるエ リアでは、7割方のお店が営業していました。 着物姿の人もよく見かけます。

協賛イベント「きものパスポート」
徒歩での所要時間や協賛イベント、グルメ情報も記載した散策マップが無料配布されていました。



混み合わないうちに、まずは竹林の小径へ

「あれ、こんなもん?」
花灯路のポスターから
想像していたよりも暗く、
ミステリアスな道のりでした。
既にたくさんの人々が
闇の中を歩いています。

更に進むと急に視界が開け、一面にまぶしい金色の世界が広がりました。 さっきの薄暗い竹林は序の口だったのでしょう。

「うわ〜綺麗やなあ」 前を歩く人、行き交う人がみんな頭上を見上げています。 途切れることなくあふれる人混みは、
文字通り人影となって道に溶け込んでいるため、混雑も気になりませんでした。

昼間は風に吹かれると繊細な音を立てて揺れている竹林が、
闇夜に照らされているだけでこんなにも印象が異なるのですね。

街角の華やかなクリスマスの電飾と比べて風格すら漂う気がするのは、
嵯峨野という土地から醸し出される歴史の積み重ねと、
この景色を守ってきた地域の人々の協力があってこその事でしょう。

大河内山荘の夜間特別開館

小倉百人一首で知られる小倉山の南東にある名優・大河内傳次郎の別荘。 嵐山花灯路の公式H.Pでは「大人1,000円(お抹茶付き)」となっていますが、
お抹茶無しだと半額で入れるようです。小さなパンフレットは絵葉書付 き。散り紅葉のじゅうたんが美しい山荘の秋景色を写した写真でした。


行灯の光が坂道をほのかに照らしながら奥へと導き、期待が膨らみます。

坂道を上り詰めると、広場に出ます。
向かって右手には床几が並び、夜景や綺麗な月も臨めます。

ライトアップされた松の間を抜け、中門(登録有形文化財)も潜ります。

寝殿造、書院造、数寄屋造等の日本の住宅の伝統的様式を組み合わせた建物です。

大河内傳次郎が最初に着手したのは持仏堂(登録有形文化財)でした。
彼はここで日々坐禅を組んでいたとか。
34歳にして仏教に深く帰依し、30年かけてこの山荘を創り上げた彼を
駆り立てたものとはノ?


→「一言コラム・大河内山荘・夜間特別開館


夜に愛でる生け花、流派の競演

普段は太陽光や部屋の明かりで鑑賞する生け花ですが、
こんな見せ方はいかがでしょう?
これだけ多くの流派の花の競演を観る機会は、
そう無いかもしれません。

→「いけばなプロムナード

昼間しか歩いた事の無い嵯峨野・嵐山。 嵐山花灯路では、エリアごとに異なった姿の灯籠が楽しめます。 灯籠が無ければ殆ど真っ暗!という場所も多く、急な勾配こそありませんが、足元には気をつけて歩いて下さいね。

散策路には屋台も!

花灯路に合わせて、トロッコ嵐山駅などのライトアップエリアには屋台が出ていました。 山栗、肉まんに甘酒など晩ご飯前に歩いている私達にとってありがたい存在です。


中之島公園はイベント盛りだくさん

さて、渡月橋を渡って中之島公園に
戻って来ました。川面に映る
大きな橋と、巨大な灯籠群の光景は、
嵐山花灯路ならでは。
→「あざやか巨大提灯群の競演

スターバックスコーヒーの出張バンには行列ができていましたが、回転が早いため意外に早く受け取る事ができました。スタンドテーブルまであります。 コップは小さめで甘〜い味ですが、ちゃんとスパイスが振りかけてあるのが嬉しい。 体と手指が温まります。

→「温かい飲み物の振舞い」 
 

ひときわ異彩を放つ法輪寺

長い石段を登った先に目に飛び込んだのは、玉虫色に光る法輪寺!!

ほのかな灯籠の灯りとは対極にあるサイケデリックな華やかさです。
この「D-K(デジタルカケジク)」は、日本人の持つ無常の精神を
表現しようと試みる光のアート。 これまでにもアメリカ・サンノゼや上海、
熊本城や名古屋城、伊勢神宮など各地で投影されてきたそうです。

→「法輪寺特別拝観・ラ イトアップ
→「光・音・感動 LIVE in 法輪寺

脇にある広場では、様々な灯籠が展示されています。
夜景が一望できるのも魅力的。

まとめ:一日では廻れない!

点灯と共にスタート、食事は散策後にするとして上記の行程でも約2時間半。 これに大覚寺(※現在は花灯路会場に含まれていません。)や宝厳院の夜間特別拝観等を1カ所加えると
約3時間半で点灯終了を迎える、といったところでしょうか。 色んなイベントを楽しみたいなら、点灯開始前には到着して、
行き先を絞ったり各催しの開催時間を確認したりしながら行動するのが良いでしょう。

そぞろ歩きの後は、温かい飲み物とご飯が恋しくなってきますね。

→「参考リンク

嵐山花灯路の灯りの正体は、お日さま

川と橋、お寺と神社、山と畑、アートと音楽、灯籠の光と夜景。 変化に富んだ道のりが、そぞろ歩きする人々を飽きさせない嵐山花灯路。
夢中になって歩いていると、ここが冬の夜道である事をすっかり忘れていました。

嵐山花灯路で使用される電気の全ては、京都市民参加型太陽光発電施設「おひさま発電所」で発電されたものだそうです。
見慣れているはずの景色が新鮮に映るのは、実は光の輝きを引き立てる闇の作用なのかもしれません。

まぶしいくらいの蛍光灯の中で暮らす私達にとって、光と闇が織りなす安らぎを再発見できるひとときを、花灯路で体験してみて下さい。


※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。


一言コラム

koe 京都人のパン好きが知られてから、まるで朝ごはんの連想ゲームでもするかのようにパン屋も珈琲店も劇的に増えました。 今度は…...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。