京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京のおひなまつり



3
月は女の子にとって何よりも楽しい桃の節句があります。
桃の節句は江戸時代に定められた 五節句(七草粥・桃の節句・端午の節句七夕祭菊の節句)のうちの一つで、
女の子の成長と幸せを願ってひな人形を飾り、お祝いをします。
別名「上巳(じょうし)の節句」とも呼ばれ、悪日とされていた日に紙で人形を作り、
けがれを払ってから川に流すという「流し雛」の風習と平安時代の
「御人形(ひいな)遊び」とが結びついて、江戸時代に現在のようなひな祭になったといわれています。
ひな祭りの日には、こんなおばんざいを食べます。→「京のおばんざいレシピ・おひなさんに備えて
「生まれた子供が健康で優しい女性に無事に育ってくれますように」 といった家族の温かい思いが込められているのです。

下鴨神社の流しびな


下鴨神社
(しもが もじんじゃ)
左京区下鴨泉川町
075-761-3460
(京人形商工業協同組合)
市バス205「下鴨神社前」
流しびなは平安時代に始まったとされる、子どもの健やかな成長を願って小さな人形を子どもの身代わりに川や海に流し厄を払う行事で、ひな祭りの原型とされています。

鴨神社では、公募で選ばれ結婚を控えた男女が、十二単に衣冠装束姿に身を包み、桟俵(さんだわら)に乗せ た和紙人形を境内の御手洗川に流します。また、十二単・束帯衣着付けの披露や、お内裏さまと記念撮影などの行事が行われ、毎年多くの人が 集まります。当日は当日は先着100名に「流し雛」がプレゼントされ、販売もしています。
詳細はこちら
  • 日程:3月3日(※毎年同じ日程です)
  • 時間:受付 10時20分〜、神事 10時半〜
  • 料金:境内無料・参加自由
 

宝鏡寺のひな祭り


宝鏡寺(ほうきょうじ)
上京区寺之内通堀川
075-451-1550
市バス9「堀川寺ノ内」
形の寺・宝鏡寺で毎年行われているひな祭り。「春の小川」 をテーマに「曲水の宴」「桃の節句」「雛まつり」の三場面が人形で再現された様々な雛人形が飾られた本堂で、島原太夫の艶やかな舞の披露に始まり、中国琵琶と歌の生演奏などがあります。
(※雛祭の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください) 。

春恒例の「春の人形展」では、「京のひなまつり」をテーマに歴代皇女ゆかりの人形をはじめ多数の人形や、場面を設定した等身大の人形も展示されます。  →スタッフレポート 
  • 日程:3月1日(※毎年同じ日程です)
  • 時間:10〜16時 ひな祭りは11時〜11時半
  • 料 金:600円(拝観料)
 

上賀茂神社の桃花神事


上賀茂神社
(かみがもじんじゃ)
北区上賀茂本山
075-781-0011
市バス4・46「上賀茂神社前」
花神事(とうかしんじ)とは五節句の重要な行事の一つで、神前に桃の花やこぶしの花、よもぎ餅などの神饌(しんせん)をそなえ、無病息災を祈ります。

式は本殿側の川の前で参拝することに始まり、宮司たちの行列が古来の方法にのっとって神前に神饌をそなえます。この行事には一般の観光客も参列することが出来るので、儀式を間近で見ることができます。おごそかにとりおこなわれる神事は、今も昔も変わりません。
  • 日程:3月3日(※毎年 同じ日程です)
  • 時間:10時〜
  • 料金:参加自由
 

市比売神社のひいなまつり


市比売神社
(いちひめじんじゃ)
下京区市姫通河原町
075-361-2775
市バス 17・205「河原町正面」
比売神社で行われる「ひいなまつり」は、他とは少し変わった雛まつりです。
本来の神事も行われますが、面白いのが衣紋(衣冠・十二単)の着付け方法の紹介や、人が扮する人雛、五人囃子の雅楽、それにあわせた三人官女の舞、人形に災厄を移す「天児(あまがつ)ノ儀」など、女性が1年の厄払いをするひな祭りの起源と雅やかな公家社会が再現されるところです。

た、希望者は服の上から小袿(こうちぎ)を羽織らせてもらい、ひな壇に登っての記念撮影ができます。また、運が良ければ投扇興(扇を投げて台にのった的を落とす遊び)や、双六などのいにしえの遊びを体験することができます。
スタッフレポートはこちら!
  • 日程:3月3日(※毎年同じ日程です)
  • 時間:13〜16時
  • 料金:一部有料
    1,000円(お守り、ひな茶の接待付き)
 

その他のひな祭り


平野の家 わざ 永々棟 春季特別展「永々棟のひなまつり」
神秘的な面差しの大型の享保雛、典雅な古今の立雛、たおやかな有職雛、丸いお顔の愛くるしい次郎左衛門雛に、雛懐石や雛調度など例年登場する伝統的な京のお雛様に加えて、今回はお公家さんの中でも摂関家筆頭の近衛家に伝わった銀細工の雛調度を展観する企画です。
また、「ひな茶会」は、小学生と中学生の女の子達が晴れ着姿で点前とお運びを披露する人気の行事です(※先着順)。  →スタッフレポート

  • 場所:財団法人 高津古文化会館、平野の家 わざ永々棟
  • 日程:2017年2/25(土)~4/2(日) 10~17時(入館は16時半まで)
    「ひな茶会」:3/5(日)※定員になり次第、受付を終了
    席入:11時~、12時~、13時~、14時~、15時~
    着付けとお茶会 体験(女性限定):1回目:3月21日(火)2回目:3月29日(水)
  • 各日10時~13時
  • 料金:5,000円(着付けとお茶会体験料、薄茶、和菓子、入館料含む)
    アクセス:市バス28「松尾大社前」
  • お問い合わせ:075-462-0014

松尾大社のひなまつり 
神事の後、松風苑の曲水の庭で、雅楽の調べと共に「流しビナ」を行い、その後は宴会場にてひなまつりにちなんだ催し物を楽しみます。

  • 場所:松尾大社
  • 日程:2017年2/26(日) 時間:9時半受付~、祭典:10時~、流しビナ・催し物:10時20分
  • 料金:参列無料(ひなまつり特別祈願を希望の方は1000円)
  • アクセス:市バス28「松尾大社前」
  • お問い合わせ:075-871-5016

西陣・富田屋 町家の雛祭り
京都では旧暦にならい、1ヶ月遅れて4月3日にお祝いします。 お客を迎え、その家の女の子に福が訪れるよう、きれいな着物を着せて歌を読だり、ご馳走を食べながら、その子の幸せを祈ります。
文化財である町家にて、昔の雛祭りのしきたりを再現し、代々の歴史あるお雛様を鑑賞しながら楽しむ催しです。

  • 場所:富田屋(上京区大宮通一条上る)
  • 日程:2/20~4/3(※毎年同じ日程です)時間:11〜13時
  • 料金:8,400円(白酒付・町家見学としきたりのお話・お雛会伝統弁当・昔遊び),定員20名(予約は2名様以上)
    夕食会(17時〜):15,750円〜(白酒付)(税サ飲物別)
    希望により茶席も用意(予約は2名以上) 。基本プラン(町家見学、しきたりのお話。2100円)もあります。
  • アクセス:市バス9「一条戻り橋」
  • お問い合わせ:075-432-6701

■神足ふれあい町家 「ふれあいひな祭り」
長岡京市民らから寄贈された明治初期〜平成の7セットのひな飾りがずらりと並びます。
60〜30年前のひな飾りを中心に、おひな様とお内裏様のほか、三人官女や五人囃子なども優美な姿を見せ、期間中は撮影もできます。
投扇興も楽しむ事ができ、喫茶コーナーでは和菓子やお抹茶、甘酒なども用意されています。 (※過去の例)

  • 場所:神足ふれあい町家(京都府長岡京市神足二丁目13-10)
  • 日程:2017年2月18日(日)~3月3日(金) 時間: 9:00~18:00
  • アクセス:JR東海道本線「長岡京」駅
  • お問い合わせ:075-951-5175

三十三間堂・春桃会(しゅんとうえ)
詳細はこちら

法住寺・「雛祭 つりびな展」
布で作った小さな人形、花、財布、金魚などの飾りをひもに付けて天井からぶら下げる「つりびな」。
ちりめんや古い着物地で作った飾りには、花は美しい娘になるように、金魚は目(芽)が出るように、唐辛子は虫が付かないように、との願いがこもっていま す。

住職の義母による手作りで、高さ約2メートル。1点に5本のひもが垂れ下がり、それぞれ人形などの飾りが10個ずつ付いています。 つりびなのほか、寺に伝わるひな人形も展示されます。

  • 場所:法住寺(三十三間堂東側)
  • 日程:2017年2/28(火)〜3/5(日)
  • 時間:9〜16時
  • 料金:拝観料 500円 つり雛展300円
  • アクセス:市バス206・208「博物館・三十三間堂前」
  • お問い合わせ:075-561-4137

西国街道ひな人形めぐり
中小路家住宅では、髪形や服装など江戸時代の公家の日常生活を忠実に再現した有職雛や、庶民らに好まれた豪華な古今雛の段飾りなど14セットが展示されています。御殿の中に人形を飾った御殿雛や「源氏物語絵巻」を彷彿とさせる源氏枠飾りもあり、それぞれの違いを楽しめます。

(※内容は過去の例です)

  • 場所: 中小路家住宅(向日市上植野町)
    富永屋(向日市寺戸町向日神社参道前)や西国街道沿いの商店や民家、公共施設など
  • 日程:2017年3月1日(水)~3月5日(日)10~15時 ※会場により異なります。
    中小路家:2017年3月1日(水)~3月5日(日)10〜17時
    グループ見学日:2月23日(木)~2月26日(日)
    神足ふれあい町家:「ふれあいひな祭り」:2017年2月18日(日)~3月3日(金)
  • 料金: 中小路家:500円(お茶の接待付きは800円)
    資料館:無料 
    富永屋:100円(富永屋の修復活用協力金)
  • アクセス:JR「長岡京」駅、阪急「西向日」駅
  • お問い合わせ:075-921-2657(中小路家住宅)、075-931-1182(富永屋)

さがの人形の家・「おひなさま展」
宮廷の雛(稚児輪雛、狩衣雛)、町雛(享保雛、古今雛)、雅楽雛 ・立雛 ・ 天児・ 這子(ほうこ)など、江戸期~現代 の珍しくて多種類のお雛さまを展示します。

  • 場所:さがの人形の家
  • 日程:2017年2月22日(水)〜4月2日(日) 時間:10〜17時
  • 料金:一般800円
  • アクセス:市バス28「釈迦堂駅」、JR「嵯峨嵐山」駅
  • お問い合わせ:075-882-1421

思文閣・「お雛様とミニチュアのお道具展」
長らく休館していた百万遍の思文閣美術館は閉館し、美術館の展示は思文閣本社にて行われる事になりました。
再開後初めての企画として、過去の企画展の中でも、とりわけ好評だった田中信子コレクションの精巧な雛道具を展示します。

詳細は思文閣公式サイト

京の豆知識



◇男雛と女雛は左右どちらが正しい?◇

在、関東では向かって左が御内裏様(親王:男)、右が御雛様(内親王: 女)。
関西では反対となっているそうです。古来日本では左が上位(左大臣は右大臣より偉い)。
ただこの左右は一番偉い人が下位の者を見た場合の左右なので、
雛飾りでいえば御内裏様から見た左右。
そのため、御内裏様、御雛様を見上げる立場からすると向かって右が上位と言うことで
御内裏様が向かって右、御雛様が左にある(別に男尊女卑論では有りません)関西の方式が日本の古来からの方式といえそうです。

れに対して関東方式は、明治以降ヨーロッパ等の習慣にあわせて女性を向かって
右に配する方式を日本の皇室が採用した(西洋式の行事について)ことから、
東京の人形商協会が向かって右を女性、左を男性の配置を正式すると決定したためだそうです。

引用:こよみのページ桃の節供


◇おひな様のお道具◇

関東の雛飾りと関西の雛飾り、よく見ると何かが違います。
そう、それはおひな様のお道具です。
京都の雛飾りには、たんす、長持ち、などの一般的なお道具の他に、
調理器具や食器、おくどさん(釜)などの生活用品がありますが、
関東の雛飾りには一般的にはありません。
これも京都ならではの風習なのでしょうか。

主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

一言コラム

ryu 紅葉の観光シーズンで混み合う前に、あるいはその後に、贅沢な時間の使い方をしてみませんか? 京阪・叡電「出町柳」駅向かいにある「...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。