京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2018年7月の行事一覧 > 2018年7月20日(金)の行事一覧

2018年7月20日(金)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

城南宮・例祭(お涼み)

城南宮・例祭(お涼み)

午後より本殿前に「方除安全」「無病息災」の木札を収めた2本の氷柱が立つと、
大ぜいの参拝者は、この氷柱に触れ暑気を払って祈願します。
夕方から、神楽殿の表舞台で「お涼み神楽」が演じられます。
また、夕方より100軒近くの露店も出店し浴衣姿の人々で賑わいます。
雨天決行。

■場 所: 城南宮
■期 間: 7/20(※毎年同じ日程です)
■時 間: 祭典:9時~
暑気払い祈願:夕刻より
「お涼み神楽」奉納:18時~20時半
■料 金: 福笹特別授与 初穂料:1000円
■アクセス: 京都らくなんエクスプレス「油小路城南宮」」(土・日・祝は「城南宮前」)、
地下鉄「竹田」駅より 市バス南1~3「城南宮東口」
■お問合せ: 075-623-0846
■詳細ページ: 城南宮公式ホームページ

神光院・きゅうり封じ

神光院・きゅうり封じ

弘法大師が中国から伝えた疫病除けの秘法です。
病名を書いた紙包む事で病を封じた祈祷のきゅうりを家に持ち帰り、
身体の悪い所を撫でて地中に埋めるときゅうりが自然界に溶け込むとともに
病が治癒するといわれています。
境内のきゅうり塚に埋めることも出来ます。
きゅうりは寺で用意されており、1,500円。

■場 所: 神光院
■期 間: 2018年7/20(金)・/21(土)
■時 間: 8~16時半
■料 金: 1500円(御祈祷料・きゅうり代込)
■アクセス: 市バス9「神光院前」、地下鉄烏丸線「北大路」より市バス1「神光院前」
■お問合せ: 075-491-4375
■詳細ページ: 関連ページ

祇園祭・後祭の鉾曳初め

祇園祭・後祭の鉾曳初め

各山鉾町ごとに山鉾の組み立てが完了すると、実際に祇園囃しをはやしながら、町内付近を試し曳(ひ)きをします。(山は担ぐといいます)
山鉾によっては一般の人も自由に参加できます。

■場 所: 各町内(中京区一帯)
■期 間: 前祭:7/12・/13、後祭:7/20・/21
(※毎年同じ日程です)
■時 間: 14~16時 (各鉾により日時は異なります)
■アクセス: 地下鉄「四条」駅
■詳細ページ: 祇園祭特集  烏丸周辺情報

三宝寺・ほうろく灸祈祷

三宝寺・ほうろく灸祈祷

頭痛に対し効験のあるという焙烙灸。
呪文を書いた直径40cmの土製の焙烙を頭の上にのせ、もぐさをのせて火をつけます。
そして木剣で九字を切られると平癒するというもの。
一年で最も暑いとされる土用の丑の日に行われる日蓮宗の祈祷で、
暑気払い、中風封じに効くと言われていますが、今では、祈とうが頭の魔を封じることから、
学力向上を願い受験の合格祈願に訪れる母子が増えているそうです。

■場 所: 三宝寺
■期 間: 2018年7/20(金)
■時 間: 9時~正午
■料 金: 2000円(ほうろく灸)
1000円(きゅうり封じ)
2000円(紫陽花祈祷)
■アクセス: JRバス「三宝寺」
■お問合せ: 075‐462-6540
■詳細ページ: 三宝寺公式ホームページ

季節の光景...京都府立植物園・朝顔

季節の光景...京都府立植物園・朝顔

夏休み、朝顔の観察日記をつけた経験はありませんか?幼き日を思い出させる色とりどりの朝顔が、京の町の軒先にも咲いています。
府立植物園には数咲き作り、変化朝顔、大輪アサガオ、行灯作りなど、数々の珍しい朝顔が咲き乱れています。京都独特の栽培法を持つ大変貴重な朝顔も見られるそう。たまには早起きして、植物園の朝顔を見ながら、観察日記をつけた幼き日を思い出してみるのはいかがですか?

■場 所: 京都府立植物園(京都市左京区下鴨半木町)
■期 間: 8月上旬まで
■アクセス: 地下鉄烏丸線「北山」駅
■お問合せ: 075-701-0141
■詳細ページ: 京都府立植物園公式ホームページ  京都府立植物園周辺情報

一言コラム

kodomo 記録的な猛暑、青い瞳の浴衣美女、リユース食器で食べる屋台もの。祇園祭の宵山の光景も様変わりしてきましたが、赤ちゃん連れ...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。