京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

源氏物語 第五十二帖「蜻蛉」かげろう



源氏物語特集 源氏物語とは何ぞや? 源氏物語を読んでみよう 京都・源氏物語を歩く




翌日、宇治の山荘では、浮舟の姿が見えないので大騒ぎになっていました。真相を知った母は、嘆き悲しみましたが、世間体を繕うため、その夜のうちに形ばか りの葬儀を行ってしまいました。浮舟の死の知らせを聞いた薫は、浮舟を寂しく独りにさせていたことを悔やみました。匂宮は悲しみのあまり、病と称して籠っ てしまいます。薫と匂宮はそれぞれ浮舟の侍女から自殺したことを聞き、ますます悔やみ悲しみました。薫は浮舟の四十九日の法要を宇治山の阿闍梨に命じ、盛 大に執り行ったのでした。



かげろう石
源氏物語ミュージアム北側住宅地の北東に伸びる道を進み、私立高校の手前の道を右折したところにあります。高さ2メートルほどの自然石で、それぞれの面に は阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩と阿弥陀如来を拝む十二単を着た女性が線彫りされていて、平安時代末期の作と伝えられています。


 

一言コラム

mikei 天皇の菩提寺である泉涌寺にて、「御寺(みてら)ART元年 未景(みけい)」展が16日まで開かれています。 久しぶりにあのきつ...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。