京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

春の特別拝観(洛西)

大覚寺・特別名宝展

重要文化財の寺宝「五大明王像」はじめ、狩野派の障壁画などを紹介します。
  • 期間:2022年3月25日(金)~5月9日(月)※期間中、臨時休館及び一部展示替えを行うことがあります。
  • 料金:大人800円、小中高生600円(寺内拝観料を含む)
  • アクセス:市バス28「大覚寺
  • お問合せ:075-871-0071

京の冬の旅 非公開文化財特別公開

e京都ねっとのスタッフも心待ちにしている「京の冬の旅」キャンペーン。秋冬の特別公開で拝観できる所以外のレアな寺院に入ることができるチャンスです!
  • 場所:大徳寺 聚光院・大光院、東本願寺 御影堂門、西陣 興聖寺、報恩寺、建仁寺 正伝永源院、智積院、東福寺 法堂・東司・三門、仁和寺 御殿・庭園。東寺 五重塔、醍醐寺 五重塔・三宝院、西本願寺 書院
     
  • 期間:2022年1月8日(土)〜3月18日(金)※場所により異なります
  • 時間:10~16時(受付終了)
    お問合せ:075-213-1717 (京都市観光協会)

平岡八幡宮・花の天井特別拝観

ザクロ、ケシ、ツバキ、ハスなど、日本古来の花から室町時代頃に日本に渡ってきたものまで四十四種類が描かれ た豪華な天井が見所。高雄方面 によく訪れていたという足利義満と天井画との関わりなどを、宮司さんが説明してくださいます。大福茶の接待もあり。団体の場合は予約が必要。
  • 期間:椿を愛でる会:2022年3月11日(金)~4月10日(日)
    花の天井 春の特別拝観:2022年3月11日(金)~5月15日(日)※最終受付は15時半頃まで
  • 拝観料:800円 (縁起書、大福茶付)
  • アクセス:JRバス「平岡八幡前」
  • お問合せ:075-871-2084
    関連ページ

天龍寺・弘源寺春の特別公開

嵐山を借景にした天竜寺塔頭の弘源寺が特別公開され、枯山水の庭園や本堂に残る刀傷、竹内栖鳳とその一門(上村松園・西山翠嶂・徳岡神泉ほか)など文化勲章受章画家の日本画、毘沙門天立像(重文)などが見学できます。又、天竜寺境内にある「飾月」では3500円より精進料理が頂けます。細川家にゆかりのあるお寺なので、寺宝にも期待できますね。団体で予約をすれば、法話を聞く事もできます(要別途料金)。

  • 期間:2022年3月19日(土)〜5月15日(日)
  • 拝観料:500円(宝厳院との共通拝観券は900円)
  • アクセス:市バス28「嵐山天龍寺前」または
    嵐電「嵐山」駅より徒歩約3分
  • お問合せ:075-881-1232

天龍寺宝厳院公開

江戸時代の名所案内「都林泉名勝図絵」に紹介された名庭。嵐山を借景とする「獅子吼(ししく)の庭」は格別な趣があります。予約制で法話を聞くことができます(団体のみ。要別途料金)。 ※画像は天龍寺です。
  • 期間:2022年3月19日(土)~6月30日(木)
    ※3月12日(土)~18日(金)は庭園のみ。
    ※本堂襖絵は、法要等により拝観出来ない場合が有ります。
  • 拝観料:500円(弘源寺との共通拝観券は900円) 
    ※本堂拝観は別途料金要
  • アクセス:市バス28「嵐山天龍寺前」または
    嵐電「嵐山」駅より徒歩約3分
  • お問合せ:075-861-0091
    天龍寺宝厳院公式ホームページ

仁和寺春季霊宝館開館

仁和寺の広大な境内は御室御所跡として史跡に指定され、伽藍の建造物の多くが国宝や重要文化財に指定されています。毎年春秋の両期に境内の霊宝館で一般に公開されています。国宝の阿弥陀如来三尊像をはじめとする名宝の数々を展観します。
「御室花まつり」「春の御室藝術祭」も同時開催中です。
  • 期間:2022年3月19日(土)〜5月8日(日)
    『仁和寺 青もみじライトアップ』:5月27日(金)〜7月24日(日)の間の金土日祝19:00〜21:00
  • 拝観料:500円、期間限定共通券(御殿、霊宝館):800~1300円(※期間により異なります)
    ライトアップ:1,000円、高校生以下無料
  • アクセス:市バス26「御室仁和寺」または
    嵐電「御室仁和寺」駅より徒歩約3分
  • お問合せ:075-461-1155

清凉寺霊宝館・春の特別公開

普段は非公開の霊宝館に安置されている国宝・阿弥陀三尊座像や重文の釈迦十大弟子像、本堂釈迦如来胎内納品などが公開されます。阿弥陀如来座像は光源氏のモデルの源融の姿を映したとも言われ、境内には融の墓や『源氏物語』ゆかりの『恋の木』もあります。
  • 期間:4/1〜5/31(※毎年同じ日程です)
  • 拝観料:400円(本堂と合わせて拝観の場合700円)
  • アクセス:市バス28「嵯峨釈迦堂前」または
    JR「嵯峨嵐山」駅より徒歩約14分
  • お問合せ:075-861-0343
    清凉寺公式ホームページ

妙心寺・慧照院特別拝観

妙心寺山内の宿坊・花園会館・大心院・東林院に宿泊された方を対象とした特別拝観です。希望制。樹齢120年 という五色散椿を、ゆっくり鑑賞できるなんて、とても贅沢です。
(宿泊者以外の拝観は、拝観日の3日以前に慧照院に連絡し許可を得られた方のみ)
  • 期間:4月中旬〜下旬(椿の開花に合わせて)
  • 拝観料:志納(要予約)
  • アクセス:JR嵯峨野線「花 園」駅
  • お問合せ:075-463-7056
    関連ページ

妙心寺・大雄院春の特別拝観

「柴田是真の寺」大雄院で、2017年1月に発足した襖絵制作プロジェクトの全18面が完成しました。
江戸時代に漆工家であり絵師の柴田是真が描いた花の丸図を、平成の時代に宮絵師・安川如風という絵師が描き、後世に残し伝えていきます。
記念御朱印帳の頒布や特別拝観記念御朱印の授与はオンラインでも行われています。 →スタッフレポート

神護寺・寺宝の特別公開

国宝の頼朝像、平重盛像など第一級の文化財を多数所有する同寺。この時期虫払いとして、これらの寺宝が一般公開されます。古来よりこの機会に貴重な寺宝を拝見することが信徒の年中行事でした。
また、通常非公開の多宝塔内部と、平安時代作の本尊・五大虚空蔵菩薩像(国宝)の特別公開もあります。
  • 期間:多宝塔特別公開:2022年5月3日(火・祝)~5日(木・祝)、13日(金)~15日(日)
  • 拝観料:500円(要通常拝観料600円)
  • アクセス:JRバス「山城高雄」
  • お問合せ:075-861-1769
    神護寺公式ホームページ

善峯寺・春の特別寺宝展

古清水色絵透彫六角壺(京都市指定文化財)や桂昌院ご使用の蒔絵膳具など、善峯寺所蔵の文化財が公開されます。
→スタッフレポート            
  • 期間:※※2021年度の文殊寺宝館は開館未定。詳細は公式サイトをご確認ください。
    4~6月の土・日・祝日と、
    2019年4/1(月)~/15(月)の毎日
  • 入山料:500円
  • アクセス:阪急「東向日」駅→阪急バス「善峯寺
  • お問合せ:075-331-0020 


主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

一言コラム

afuhi 先日宇治を訪れた際に感じたのは、「いつの間にか、新しいお店がどんどんできている!」。 寺社が閉まる夕方になると、宇治橋商店...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。