京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

蛍特集






日本には約45種のホタルが生息しています。「源氏螢」、「平家螢」と呼んだりしますが、源平戦に勝った
「源氏」の方が体が大きめ。
名前の由来には諸説ありますが、平安末期に源平争乱に敗れた平家一門の亡骸の上を、慌しく点滅する
小さな螢とゆっくり点滅する大きな螢が宙を舞っていたと いう言い伝えがあるとか...。




だいたい20時頃から。食事は早めに済ませましょう。
場所にもよりますが、5月上旬〜7月中旬。梅雨が明けるまでがベストチャンスです。




こればかりは、運次第ですが、夕立が降った日は、螢がたくさん飛ぶそうです。
そのため、雨が降らない日は、近所の飲食店が川の周りに水をまくとか... (笑)。
煙草の、点いたり消えたりする灯に誘われて近づいて来る事も
(か弱い生き物なので採らないでね。ポイ捨ても×)。



一、螢は絶対に捕らない!持ち帰らない!
  乱獲によって絶滅が心配されています。そして長くても7〜10日の命。
  そっとしておいてあげてください...。
一、お静かに!
  周りが住宅地であったりします。また、螢は音にも敏感なのです。
一、強い光りは控えて!
  懐中電灯、携帯画面、車等のライトは極力消しましょう。
一、水周りを汚さない!
  螢は水の綺麗な所を好みます。螢の名所が京都の北の上流に集中するのはそのため。
  むやみに川等に入ったり、ゴミを散らかして帰っては、螢をいじめに来 たようなもの。




下鴨神社 「蛍火の茶会」 と「糺の森納涼市」
宇治市植物公園「蛍ナイ ター開園」
京都水族館『ほたるの夜』 
京都府立けいはんな記念公園「ホタル観賞会」「水景園ホタルの夕べ」  















一言コラム

hase 北大路橋西詰にある老舗の洋食屋「HASEGAWA」の姉妹店があると聞いていたので、鷹峯の山奥へ。対向車が来ても行き交う事ができるのか...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。