京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京都・初夏コース おやつ&おみやげは季節のお菓子





五感で季節を味わうなら、和菓子は外せません!

(5月の和菓子)茶団子/山帰来餅
(6月の和菓子)水無月/八つ橋/嘉祥菓子/麦代餅(鎌餅)/若鮎
(7月の和菓子)ちまき/御手洗団子/稚児餅/行者餅/したたり/麩饅頭/葛焼
(8月の和菓子)竹流し/幽霊飴/葛きり


三条界隈の和菓子屋さん


亀末廣の「京のよすが」
貫禄ある店構え。暖簾に力強く書かれた屋号に店の誇りを感じます。
代表商品、「京のよすが」は、季節によって内容が変わるそう。干菓子の菓子型で縁取った看板にも注目。
隣の「八百三」の看板は北大路魯山人の筆だとか。柚味噌屋のお店なので、こちらもついつい入ってしまいそう〜。

  • 営業時間:8時〜18時
  • 定休日:日祝、正月(年末のみ要予約)
  • 住所:京都市中京区姉小路通烏丸東入ル
  • お問い合わせ:075-221-5110
 
 


亀屋良永の「御池煎餅」
口の中でふんわりほどける御池煎餅は、赤ちゃんからお年寄り、入院患者へのお土産にも喜ばれる上品な味。
その印象とは裏腹に、二次世界大戦末期、店舗を強制撤去、疎開、やむなく休業に追い込まれながらも
昭和27年に復活して今に至るという底力を発揮したお店 です。
  • 営業時間:8時〜18時
  • 定休日:年中無休(元旦、2日除く)
  • 住所:京都市中京区寺 町通御池下ル
  • お問い合わせ:075-231-7850
 
 


総本家河道屋

店名を聞いてアナタが思い浮かぶのは蕎麦?蕎麦ほうるのどっち??
油分の無いヘルシーな蕎麦ほうるは、ミルクに浸して、ちょっとふやかして食べるのもおすすめ。
小腹が空いたら、「晦庵河道屋」でおそばを食べるのもいいですね。
  • 住所:京都市中京区姉小路通御幸町西入ル
  • お問い合わせ:075-221-4907
 
 


亀屋則克の「浜土産(はまづと)

閉じた蛤を閉じると、中には黄金色の琥珀糖と一粒の浜納豆という、独創性のあるお菓子が余りにも有名なお店。
意外に日持ちがするので、お土産にもよさそうですね。
 
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 定休日:日曜・祝日・第三水曜
  • 住所:京都市中京 区堺町通三条上る大阪材木町702
  • お問い合わせ:075-221-3969
 


大極殿六角店

築140年の町家を和風喫茶として改装した「大極殿茶寮・栖園」で坪庭を眺めながら、作りたてのお菓子を。
練乳がついてくるミルク金時は、しゅわしゅわとした食感がたまらない!

  • 営業時間:10:00〜 17:00
  • 定休日:水曜日
  • 住所:京都市中京区六角高倉東入ル
  • お問い合わせ:075-221-3323
主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

一言コラム

koe 京都人のパン好きが知られてから、まるで朝ごはんの連想ゲームでもするかのようにパン屋も珈琲店も劇的に増えました。 今度は…...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。