京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

安倍晴明プロフィール

トップ 晴明プロフィール ツアー行程 晴明ゆかりの名所
安倍晴明を知る 投稿 関連リンク  

安倍晴明プロフィール
 
明治以降陰陽道がすたれ、歴史の授業で取り上げられることはないので、
謎に包まれた知る人ぞ知る人物だった。
近年、荒俣宏氏の『帝都物語』や夢枕漠氏の『陰陽師』(岡野玲子氏により
コミック化も)などでにわかにクローズアップされてきた。伝説に彩られた
平安時代中期の大陰陽師。天文博士。土御門家の祖。父は系図によれば
大膳大夫・安倍益材(あべのますき)。
物語や伝説上では父は安倍保名(あべのやすな)、母は狐の化身・葛の葉(くずのは)。
出身は和泉(大阪府)、讃岐(香川県)、筑波(茨城県)など諸説ある。妻の名は不明。
息子の吉平(よしひら)・吉昌(よしまさ)も父の後を継ぎ、陰陽師となった。

幼い時に京に上り、陰陽師・賀茂忠行の元で修行し、鬼神を見ることができたという。
天皇や藤原道長等貴族のために占いをしたり、陰陽道諸々祭を取り仕切った。
著書に占いを集大成した『占事略決』がある。

その生涯は神秘的なエピソードで彩られ、平安時代の貴族の日記や仏教説話集にも、
鬼神を見て師匠を救った、天変を察して花山天皇の退位を知った、よく式神(鬼神)を使い、
老僧と術比べをして勝った、草の葉を投げて蛙を殺した、
白犬と共に道長に掛けられた呪いを見破った、蔵人の少将に掛けられた呪いを見破り、
呪詛返しをし、呪いをかけた陰陽師を殺したなどの話が載っている。
これらの説話を見ると人を救いもするが、「晴明」という綺麗な名前に似合わず、
殺生もする、「一癖ありげな陰陽師」のイメージが浮かんでくる。

江戸時代に入るとますます人気が沸騰し、物語や浄瑠璃の題材にもなった。
狐の母と悲しい別れをした、ライバル・芦屋道満に殺された父を一条戻橋で生き返らせた、
唐に留学中に道満に妻を寝取られた、蛇を助けて龍宮城へ行ったなどなど、
ミステリアスなエピソードに事欠かない。

安倍晴明は1005年、85歳で天寿を全うした。当時としては異例の大往生である。
一度死んだが、閻魔大王に秘印をもらい、生き返った、という話もあるのだが・・・



トップ 晴明プロフィール ツアー行程 晴明ゆかりの名所
安倍晴明を知る 投稿 関連リンク  

※このページの掲載情報は、取材時のものであり、現在のもの、歴史上の事実とは異なる場合がございますので、ご了承下さい。参考としてご覧頂きますようお願い申し上げます。

一言コラム

somei 「素明窯」三代目・井上路久さんのお話は、とても分かりやすく、親しみのあるものでした。 日本の数ある焼き物の中で、定義や特...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。