京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

「北条時宗」関連年表2 文永元(1264)~文永11(1274)


時宗紀行 人名事典 その他の史蹟
年表 系図 リンク・文献

宝治元(1247)~弘長3(1267)
文永元(1264)~文永11(1274)
建治元(1275)~弘安8(1285)

元号
(西暦)
執権 連署 将軍 天皇 上皇 六波羅 年齢 出来事 関連事項
文永1
(1264)
政村 時宗 宗尊 亀山 後深草 時茂
時輔
14 5.29.宗尊(23)皇子・惟康王誕生8.21.政村(60)が執権、時宗(14)が連署に就任、8.21.執権長時(35)没、11.27.時輔(17)六波羅南方に任じられ、京都へ 延暦寺の僧の蜂起、盛んとなる
文永2
(1265)
            15 1.5.時宗、従五位上、但馬権守に叙任、3.28・時宗、相模守を兼ねる、政村、相模守から左京権太夫へ転任、4.21.京の時輔(18)、式部丞 従五位下へ 1.6.六波羅に延暦・園城両寺の事を議定させる
文永3
(1266)
    惟康       16 3.6.引付衆を廃し、評定衆が訴論沙汰を行う、7.3.宗尊親王(25)が京に帰され、子の惟康親王(3)が将軍になる  
文永4
(1267)
    惟康       17 12.御家人の所領の売買質入禁12.9.近衛基平(22)関白就任  
文永5
(1268)
    惟康       18 3.5.時宗、政村(64)と交代して執権となる 2.27.蒙古より使者・国書来る11.19.関白近衛基平没(23)
文永6
(1269)
    惟康       19 4.27.引付衆復活 蒙古、対馬で略奪
文永7
(1270)
    惟康       20 1.朝廷が蒙古への返書を作成するが、幕府送らず将軍惟康親王(7)元服、加冠役は政村(66) 1.27.六波羅北方時茂没(31)金沢文庫、火災
文永8
(1271)
          時輔
義宗
21 9.12.日蓮、龍口の法難、佐渡へ流される、11.27.義宗(19)六波羅北方に任ぜられ、京へ向かう、時宗の嫡子・貞時生まれる 蒙古、国号を元とする再度蒙古より使者・国書来る御家人に九州防御に当たらせる
文永9
(1272)
            22 2.9.六波羅の時輔と義宗、揃って後嵯峨院を見舞う2.11.鎌倉で名越時章(58)教時(38)討たれる2.15.時輔(25)、時宗の命を受けた義宗(20)に討たれる(二月騒動 2.17.後嵯峨院(53)没、5.高麗使、牒状をもたらす宗尊、親王、出家、10.諸国に大田文提出
文永10
(1273)
  義政       義宗 23 5.27.連署・政村没(69)。義政、連署となる 3.元の使者、大宰府に来る
文永11
(1274)
      後宇多 亀山   24 10.5.蒙古軍、対馬を攻める、10.20.蒙古軍、博多に上陸するも夜撤退(文永の役) 1.26.後宇多即位、亀山院政、宗尊親王(33)、没、2.14.日蓮を放免

宝治元(1247)~弘長3(1267)
文永元(1264)~文永11(1274)
建治元(1275)~弘安8(1285)

時宗紀行 人名事典 その他の史蹟
年表 系図 リンク・文献

※このページの掲載情報は、取材時のものであり、現在のもの、歴史上の事実とは異なる場合がございますので、ご了承下さい。参考としてご覧頂きますようお願い申し上げます。

一言コラム

koe 京都人のパン好きが知られてから、まるで朝ごはんの連想ゲームでもするかのようにパン屋も珈琲店も劇的に増えました。 今度は…...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。