京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

京都定期観光バス運行90年。計90歳ペア45組無料招待

ガイドが添乗する観光バスの先駆けとして、京都の観光名所を1日で巡る「京都定期観光バス」が4月で運行開始から90年を迎えました。
運行日の9月10日時点で、2人の年齢の合計がぴったり90歳になるペア45組を定観バスに無料招待します。


(日程)2018年9月10日(月)※6月30日までにインターネットかはがきで申し込み
(場所)人気社寺や京都郊外などを巡る6種類のコース
(料金)無料招待
(お問い合わせ)075-672-2100
https://resv.kyototeikikanko.gr.jp/Teikan/Web/Default.aspx

京都三条会商店街「地ビール祭京都」

 全国から35社以上のブルワリーが集結し、京都からは京都麦酒、京都町家麦酒醸造所、一乗寺ビール、京都醸造、西陣麦酒、ウッドミルブルワリー・京都、KyotoBeerLab、丹後クラフトビールが参加します。
100種類以上の樽生地ビールを、商店街の特製フードと共に楽しめます。

(日程)2018年5月13日(日)11:30~18:00
(場所)京都三条会商店街アーケード・三条大宮公園
(料金)当日/1枚400円、前売/2100円(6枚綴り)
(お問い合わせ)090-8365-1764、info.cbf.kyoto@gmail.com
http://www.kyoto-beer.jp/info.html

器と紡ぐ物語。「亀屋良長の和菓子展」

老舗菓子店の和菓子に、金魚鉢や平瓦などを器に見立てて添え、テーマに沿った生菓子や干菓子15点を展示します。
香港出身のデザイナーでギャラリーを運営するアラン・チャンさんが収集した骨董品を活かし、亀屋良長が和菓子を創作しました。

(日程)2018年5月5日〜5月27日の金(予約制)、土日曜日。10:00〜17:00
(場所)ギャラリー「KYOTO27」(京都市左京区鹿ケ谷桜谷町6-5)
(料金)無料
(お問い合わせ)090-9691-5574
https://www.facebook.com/Kyoto27/

2020年のNHK大河ドラマは明智光秀。亀岡で企画展

 誘致活動が実を結び、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公に戦国武将・明智光秀が決定した事を受けて、急遽展示を拡大しました。
パネルや写真など約30点を通して、光秀の生涯や本能寺の変に至る経緯を分かりやすく伝えています。

(日程)2018年4月28日(土)~6月3日(日)
(場所)亀岡市文化資料館
(料金)ロビー展の見学は無料、展示室は有料。
(お問い合わせ)0771-22-0599
http://www.city.kameoka.kyoto.jp/bunkashiryou/lobby-akechi2017.html
 

上賀茂神社でクラシックコンサート「都のかなで」

秋の京都で音楽に親しむコンサート「都のかなで」。今年の会場は上賀茂神社です。
国内外で活躍するバイオリン奏者・松田理奈さんをはじめ5人の演奏家がクラシックの曲目を披露します。

(日程)2018年10月6日(土) ※6月8日応募締め切り
第1部:開場13:30~終演:16:15(予定)、第2部:開場16:45~終演:19:30(予定)
(場所)上賀茂神社
(料金)抽選により2千人招待
(お問い合わせ)050-3772-3910(JR東海テレフォンセンター、6:00~24:00)
http://k-concert.jr-central.co.jp/

狸谷山不動院「特別洞窟内陣参拝」

 開山300年を記念して、本尊の石像不動明王像の間近で手を合わせられる洞窟の特別参拝です。
木食上人が300年前に不動明王を安置し、木食行を実践した洞窟とされています。

(日程)2018年5月3日(祝)〜11月3日(祝)
(場所)狸谷山不動院
(料金)入山料:500円
(お問い合わせ)075-722-0025 
http://www.tanukidani.com/300th/

連休は京都で。イベント続々

 ■「聴竹居 新緑を愛でる会」:4月28日(土)、075-956-0030
http://www.chochikukyo.com/
http://column.e-kyoto.net/2013/04/2263/
■「岡崎ワンダーマーケット」:4月29日(日)sakyowonder@gmail.com、
http://sakyo-wonder.com/
■「SAKE Spring 2018」:4月28日(土)・29日(日)、075-351-9915 
http://taiken.onozomi.com/sakesp/
■「クラフトマルシェ in 京都府立植物園」:5/3(木・祝)・5/4(金・祝)、075-864-6513
http://kamigamo-tedukuriichi.com/publics/index/118/ 
■「茂造の夜芝居 10周年記念公演 ひみつの茂造」:~5/7(月)、0570-550-100(10:00〜19:00)
http://www.yoshimoto.co.jp/shinkigeki/special.html

幻の画家唯一現存作品!?妙法院で特別公開

 京都で活動した絵師として当時の文献に一時登場するものの、作品が見つかっていない「幻の画家」調子武音(ちょうし・ぶおん)の唯一の作品が妙法院本堂に描かれた龍の天井画である可能性が高いとの発表がありました。
本尊の縁日である「五月会」にて公開されます。

(日程)「五月会」:2018年5月14日(月)法華三昧など:午前9時から
(場所)妙法院
(料金)無料
(お問い合わせ)075-561-0467

「放ち鵜飼」実現目指しクラウドファンディング

 
今後も増やすウミウの飼育費や訓練スタッフの増員など資金調達が必要とした目標額は150万円で、寄付額に応じて、抹茶茶碗や鵜匠との食事会、放ち鵜飼の内覧会などの贈答品を用意しています。

(日程)~2018年6月29日(金)
(お問い合わせ)0774-23-3334
https://www.makuake.com/project/uji-ukai/
http://www.e-kyoto.net/saiji/213

「京の文化財探訪 嵯峨の古仏を訪ねて」

 「京都の文化財を守る会」ボランティア部会のメンバーが案内説明を行います。
なお、三か所はいずれも徒歩5分程度で移動できます。

(日程)2018年4月20日(金)~22日(日)午前10時~午後4時(受付は、午後3時30まで)
(場所)清凉寺(嵯峨釈迦堂)、薬師寺、慈眼堂
(料金)1,000円(3か所共通)
(お問い合わせ)075-752-0235(平日9:00~17:00) 
http://www.kyobunka.or.jp/
[前のページ]  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  [次のページ]

一言コラム

suzume 浴衣の舞妓さんの後ろ姿を眺めながら、「あじき路地」へと向かいました。 築100年超えとされる町家長屋の各部屋に若手作家が...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。