京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京の最新ニュース

建仁寺、ゴーグル型端末で風神雷神図屏風を鑑賞体験

 現実とデジタル映像を融合した「複合現実」技術の応用法として、ゴーグル型端末で「風神雷神図屏風」(複製品)を見ると、案内役の僧侶などの立体映像が登場するという、デジタル技術による新しい文化財鑑賞法です。

(日程・場所)2018年2/22(木)~24(土)@建仁寺、28(水)~3/2(金)@京都国立博物館
(場所)建仁寺
(料金)無料(要拝観料) ※先着順
(お問い合わせ)075-561-6363
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/report/39979

北野天満宮「京菓子コレクション」

 和菓子や干菓子の木型、レシピ「見本帳」が展示されるほか、和菓子の製作の実演、京菓匠の文化講座など、京菓子の歴史・文化や職人の技にふれ、京菓子の魅力を味わう催しです。
梅苑が見頃を迎える北野天満宮に京都の老舗和菓子店、老松、鍵善良房、亀屋良長、笹屋伊織、末富、俵屋吉富、鶴屋吉信、二條若狭屋の8店の老舗がオリジナル和菓子とお茶を提供し、笹屋伊織10代目おかみの田丸みゆきさんら3人の講演もあります。

(日程)2018年3月2日(金)~4日(日)10:00~16:00(15:30 受付終了)
(場所)北野天満宮 文道会館
(料金)大人:2,000円 小学生:1,500円
※梅苑入苑料(大人700円 小学生350円)、京菓子・抹茶賞味料 含む
(お問い合わせ)075-213-1717 (京都市観光協会。平日9:00~17:00)
https://www.kyokanko.or.jp/kyogashi/

若手の現代アート展示販売会「ARTISTS FAIR KYOTO」

国内外で活躍する京都ゆかりの芸術家12人から推薦を受けた24~38歳の若手36人が絵画や彫刻、写真などさまざまな分野の作品を出品します。
推薦者9人も応援の立場で出品し、全体で200点近い作品が揃うほか、出品者からの解説も聞く事ができます。

(日程)2018年2/24(土)・/25(日)
(場所)京都文化博物館
(料金)入場料1000円(大学生以下は無料)
(お問い合わせ)075-414-4221
https://artists-fair.kyoto/

「猪目窓」正寿院が初の桜ライトアップ、春の特別拝観

約1400年の歴史ある日本伝統文様で、「災いを除き、福を招く」という意が込められたなの「猪目」の窓が、まるでハート型に見える事から注目されている正寿院が、初めて桜のライトアップを行います。。
当日は二部制で、途中から猪目窓と障子を外して、異なる景色が楽しめる予定です。

(日程)4月中旬予定。 ※予約受付開始は2018年3月末頃
(場所)正寿院(京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149)
(料金)800円
(お問い合わせ)0774-88-3601
 http://shoujuin.boo.jp/

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り」

 豊臣秀吉の時代に開設され、400年以上「京の台所」として親しまれている錦市場。
錦市場内の老舗の鮮魚店やゆば店、 出し巻き店等がこの日の為に特別な酒肴メニューを、また京都の20酒蔵が燗酒や自慢の銘柄を提供します。

(日程)2018年3/3(土)19:00~21:30、一般販売:2/16(金)10:00〜
(場所)錦市場(御幸町通〜堺町通間)
(料金)2,000円(お猪口と100円×10枚の飲食券付き。※完全予約制、先着決済順1,200名)
(お問い合わせ)075-255-1811(当日連絡先)
http://www.kyoto-sake.com/event/2465

「DESIGN WEEK KYOTO(デザインウイーク京都)」

 陶芸や染色、漆精製などの京都市内のものづくり工房を期間限定で公開し、職人と交流する催しです。
期間中のみ、ジェイアール京都伊勢丹やCOCON烏丸内に設けられるインフォメーションコーナーでも案内しています。

(日程)2018年2月18日(日) 〜 25日(日)※工房により異なります。
(場所)京都市内の工房22カ所
(お問い合わせ)直接工房まで要予約。公式ホームページにお問い合わせフォームあり。
 http://www.designweek-kyoto.com/jp/

クンゼ創業者波多野鶴吉 生誕160年 没後100年記念イベント

 綾部市を代表する蚕糸会社を興し、地域との共存共栄や「至誠」を重んじた哲学で親しまれている繊維大手グンゼの創業者・波多野鶴吉。
綾部商工会議所や綾部市は、「朝の連続テレビ小説」で鶴吉と妻はなの物語を採用してもらうべくNHKに働きかける運動をしています。
<イベント抜粋>
寸劇「波多野鶴吉物語」:2/17(土)
「群是展」:2/21~/26
「ぶらり散策鶴吉ゆかりの地めぐり」:2/25
(日程)2018年2/1(木)~/28(水)※イベントにより異なります。
(場所)グンゼ記念館(綾部市青野町)
(料金)無料
(お問い合わせ)月〜金:0773-42-3181(グンゼ(株)人事総務部)、土日祝:0773-43-1050(グンゼ博物苑)
http://www.gunze.co.jp/gunzehakubutu/

西国三十三所草創1300年記念事業『早春の特別拝観』

 日本最古の巡礼所33寺院で構成する「西国三十三所札所会」は、2018年に草創1300年を迎え、2020年まで「西国三十三所草創1300年記念事業」として歴史的な行事を展開中です。
第十六番札所清水寺では秘仏大隨求菩薩の御開帳を、第二十九番札所の松尾寺では草創に関わる霊宝「千歳の松」を初公開します。

(日程)2018年2~3月
(場所)和歌山・大阪・奈良・滋賀・京都の11寺院
(お問い合わせ)077-548-8621
http://www.saikoku33-1300years.jp/

三都市で連続講座「京津奈・古(いにしえ)の三都めぐり」

 京都商工会議所と大津商工会議所、奈良商工会議所が連携し、三都ゆかりの文化財の保存と活用をテーマとした連続講座を催します。
座学と課外講座を通して、三都市に共通した魅力の国宝や建築物、仏像などの文化資源に注目し、広域文化観光連携の可能性を探ります。

(日程)2018年3月1日(木)~4日(日)
(場所)京都美術工芸大東山キャンパスほか
(料金)3日間セット(食事付)34,000円(1講座からでも申込可能)
(お問い合わせ)075-212-6442
https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_108864.html

京都鉄道博物館で初代新幹線「0系」の解説セミナー

 大阪方先頭車の2等車(現在の普通車)「0系21形1号車」、半室がビュフェスタイルの食堂車「0系35形1号車」など、元祖新幹線と言われる0系が展示され、その歴史や車両の特徴を学芸員が解説してくれるセミナーです。
セミナーでは、世界で初めて時速200キロ以上での営業運転を実現し「夢の超特急」と呼ばれた初代新幹線の車内見学も楽しめるそうです。

(日程)2018年2月 17 日(土)・18 日(日) ①11:00~ ②13: 30~ ③15:00~(各回 40分程度)
(場所)京都鉄道博物館
(料金)各回40名。※各回30分前0系21形1号車 付近 で配布する整理券が必要。
(お問い合わせ)0570-080-462
http://www.kyotorailwaymuseum.jp/
 
[前のページ]  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  [次のページ]

一言コラム

home 先週お伝えした妙心寺大雄院から徒歩5分ちょっと。子供連れでもくつろげるカフェ「HOME」があります。 点前にテーブル席と雑貨、畳の...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。