京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2018年5月の行事一覧 > 2018年5月13日(日)の行事一覧

2018年5月13日(日)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

市比売(いちひめ)神社・春季大祭

市比売(いちひめ)神社・春季大祭

氏子・崇敬者の招福を願い、藤原経清・源為家が神社境内で行った
「競弓(くらべゆみ)」の故実に倣い「斎矢・試弓神事」が奉納されます。
午後から商売繁盛や招福を願う人々の名を裏面 に記した的に矢が射られます。
矢の当たった人には1年間その矢が預けられ、願いが叶うという「斎矢神事」が行われます。
いちひめ神社三種の御神物の一つ「霊爾の幸の御札」が授与されます。

■場 所: 市比売神社
■期 間: 斎矢神事:5/13 (※毎年同じ日程です)
奉祝祭:5/13前後
■時 間: 奉祝祭:11時~
■アクセス: 京阪電車「五条」駅、市バス4・17・205「河原町五条」、17・205「河原町正面」
■お問合せ: 075-361-2775
■詳細ページ: 市比売神社公式ホームページ

新日吉(いまひえ)神宮・新日吉祭

祭官が祝詞を述べ、門跡が読経する神仏混淆(こんこう)の珍しい行事です。
850年もの歴史があり、妙法院の門跡による法楽の儀が行われます。
鳳輦(ほうれん)を中心に稚児武者などの行列が氏子域を巡行します。
鳳輦は、神輿(みこし)に似ていますが、勇ましく担ぐと言うよりは、しずしずと引かれるのが特徴です。
雨天決行。

■場 所: 新日吉神宮
■期 間: 2018年5/13(日)
■アクセス: 市バス206・208・100「東山七条」
■お問合せ: 075-561-3769
■詳細ページ: 公式ホームページ

松尾大社・還幸祭

早朝出発した御輿(みこし)が、お昼頃には唐橋の旭の杜に6基になって神輿が集合します。その後、神輿の「さしあげ」などがあります。
葵と桂で本殿や神輿等を飾り付け、神職の冠をはじめ、供奉その他関係者も冠や烏帽子に葵と桂を付けるところから、
古来より「松尾の葵祭」別名「松尾の国祭」ともいわれています。

■場 所: 松尾大社
■期 間: 2018年5/13(日)
■時 間: 神輿の帰社:18時頃~順次
■アクセス: 市バス28「松尾大社前」または
阪急「松尾大社」駅
■お問合せ: 075-871-5016
■詳細ページ: 松尾大社公式ホームページ  松尾大社周辺情報

須賀神社・神幸祭

本殿にて午後から祭典が行われます。
その後、剣鉾を先頭に14基の子供神輿や稚児行列が、氏子域を練り歩きます。
雨天中止。

■場 所: 須賀神社
■期 間: 2018年5/13(日)
■時 間: 13時~
■アクセス: 市バス206「熊野神社前」または
京阪「神宮丸太町」駅より徒歩約12分
■お問合せ: 075-771-1178
■詳細ページ: 関連ページ

季節の光景...大田神社/かきつばた(五月中旬~下旬)

季節の光景...大田神社/かきつばた(五月中旬~下旬)

大田神社の脇に大田の沢という湿地がありますが、その池に天然記念物のかきつばたが群生しています。
その美しさに圧倒されることは間違いありません。朝方の杜若が最高に美しいそう。見頃は5月中旬~下旬です。
「いずれが あやめか かきつばた」と言われるように、あやめとかきつばたは非常に区別しにくい花ですね。
あやめとかきつばたは同じアヤメ科植物で、かきつばたは水のあるところを好むのに対して、 あやめは陸を好むのだそう。

■場 所: 大田神社
■期 間: (五月中旬~下旬)
■アクセス: 地下鉄烏丸線「北大路」駅より市バス北3「御薗口町」
■お問合せ: 075-781-0907
■詳細ページ: 関連ページ

一言コラム

5jo 高瀬川沿いの五条より南の辺りは、10年程前まで「五条楽園」との看板のかかった現役の遊郭でした。 現在は、お茶屋だった町家やビルを改...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。