京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 
TOP > 観光 > 2019年12月の行事一覧 > 2019年12月15日(日)の行事一覧

2019年12月15日(日)の行事一覧

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。

金剛能楽堂、京都観世会館・定期能

金剛能楽堂、京都観世会館・定期能

恒例の定期能です。
金剛能楽堂 演目:能「大社」、狂言、能「雪」 仕舞
京都観世会館
演目能「清経」、狂言、能「浮舟 彩色」「紅葉狩 鬼揃」仕舞

■場 所: 金剛能楽堂、京都観世会館
■期 間: 2019年12/15(日)
■時 間: 金剛能楽堂:13時半~(解説:13時20分~)
京都観世会館:11時~
■料 金: 金剛能楽堂:6000円(一般) 3000円(学生)
京都観世会館:6500円(一般) 3000円(学生)
■アクセス: 金剛能楽堂:地下鉄烏丸線「今出川」駅
京都観世会館:市バス5、100「京都会館美術館前」
または地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約5分
■お問合せ: 金剛能楽堂:075-441-7222
京都観世会館:075-771-6114
■詳細ページ: 金剛能楽堂公式ホームページ
京都観世会館公式ホームページ

京菓子資料館常設展示「和菓子のあゆみ」展

京菓子資料館常設展示「和菓子のあゆみ」展

古代から続く木の実や果物といった「果子」、奈良時代に遣唐使によりもたらされたとされる「唐菓子」、鎌倉時代に禅と共に伝来した「点心」、安土桃山~江戸初期にかけて渡来したポルトガル人やスペイン人からもたらされた「南蛮菓子」、そして現在の菓子にも使用される砂糖や寒天といった「原材料の登場」と、
「京菓子」の現在に至るまでのあゆみを、資料や絵図、菓子見本などでわかりやすくご紹介します。

■場 所: 京菓子資料館
■期 間: 2018年1月4(木)~ ※水曜休館
■料 金: 無料 呈茶席:700円(展示や季節にまつわる京菓子付)
■アクセス: 地下鉄烏丸線「今出川」駅
■お問合せ: 075-432-3101(俵屋吉富 烏丸店)
■詳細ページ: 京菓子資料館公式ホームページ   京菓子資料館周辺情報

季節の光景...侘助(わびすけ)・大徳寺総見院

季節の光景...侘助(わびすけ)・大徳寺総見院

京都の庭でよく見かける木です。椿に似ていて花は小さく種子はできないので接木で増やしますが、寿命が長いので寒い季節には貴重な花と言えます。
お茶花として活躍するわびすけは、お茶の寺、大徳寺の総見院に植わっています。なんでも千利休が残したものとか。
ワビスケには紅紫のものと、白いシロワビスケがあります。
この「ワビ」とはもしかして「侘び寂び」の ことを指しているのでしょうか。

■場 所: 大徳寺総見院
■アクセス: 市バス101(洛バス)「大徳寺前」
■お問合せ: ※通常非公開、特別公開時期あり
■詳細ページ: 大徳寺特集

一言コラム

somei 「素明窯」三代目・井上路久さんのお話は、とても分かりやすく、親しみのあるものでした。 日本の数ある焼き物の中で、定義や特...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。