京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

京料理は目で食べる


第1回【京料理は目で食べる】

京料理は見た目が美しい、目にもおいしい料理といわれます。
かぎられた素材をいかにおいしく食べさせるかを工夫すると同時に、
いかに美しく盛りつけるかが京料理の大切な要素になっています。
たとえば器ひとつとってみても、その形や大きさ、材質 まで含めてこれほど多彩な
食器を用いる料理は世界でもめずらしいでしょう。
ここでも、京都はいかに見せるかに心血を注い でいるわけです。
 

京都の高級料理店には、日本はもとより外国からも、料理人が客をよそおって食べにきます。
彼らは料理の作り方、盛りつけ方、かわった器、お店のし つらいなどをそこで勉強するのです。
だから、最近フランスのレストランでも日本の小料理屋のような蓋つきの器や、
大きな皿にちょっと盛るとか、花や葉をあ しらうことなどの演出が見られます。
フランス料理にも、京都のセンスが生かされているのです。

一言コラム

mikei 天皇の菩提寺である泉涌寺にて、「御寺(みてら)ART元年 未景(みけい)」展が16日まで開かれています。 久しぶりにあのきつ...[続きを読む]
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。