京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

 
 

はもおとし

はもおとし

はもは、くせのない上品な味の魚です。はもは、小骨の多い魚でその骨を切らないと食べることができません。はもを料理するときに一番大変なのが、骨切りという作業です。
骨切りは、はもを開いてから骨切り専用の包丁で皮1枚を残し、数ミリ間隔で身と骨を切っていきます。切るとき、ジャキジャキと音が鳴ります。
はもが京都でよく食べられる理由として、交通の手段のあまり発達していなかった昔から、輸送途中に他の魚が腐ってしまっても、はもだけが生き残ったからと、言われています。
はもおとし
難易度:★★★★★ (プロにお任せ!)
はもおとしは、活はも(生きているはも)でないと作れません。活はもは、お湯に入れたとたんに皮が縮み、骨切りした身の部分が開いて丸くなります。さっと氷水に通して身を引き締め、冷やした器に梅肉、芥子酢味噌(からしすみそ)などで食べます。見た目にも涼しい、夏の料理です。

一言コラム

eki 美術館「えき」KYOTOにて開催中の「京の至宝 黒田辰秋展」。 お茶の稽古を通して初めて出会った黒田辰秋の作品は、一面に螺鈿が施され...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。